ダイレクトメールの種類について説明します

自社の商品をもっと購入して欲しい、サービスを知ってもらい利用して欲しい、そんなときに欠かせないのが販売促進ツールです。テレビCMや広告など商品購入を促進するツールは数多くありますが、その中でも多くの企業で使われているのがダイレクトメールです。ダイレクトメールは、不特定多数をターゲットにしたテレビCMや広告と違い、特定のターゲットに絞って販売を促進することができます。また、ターゲットを絞ることでテレビCMや広告よりもコストを抑えることもできます。しかし、ターゲットを絞っているからといって効果的に使わなければ、販売促進に繋げることはできません。では、効果的なダイレクトメールの使い方とは、どのような方法でしょう。ダイレクトメールを上手に活用するための方法について今回ご紹介します。

ダイレクトメールにも種類がある?

特定のターゲットを絞って販売促進を行うことができるダイレクトメールですが、効果を発揮させるにはどのようなことに気を付けていけばいいのでしょう。まず、ダイレクトメールにも種類があることを知ることから始めましょう。ダイレクトメールには、一般的なハガキやポストカード、圧着ハガキやチラシなどを送れる封書など、さまざまな種類があります。ポストカードやハガキは、手に取るだけで情報が入りやすく、チラシなど大きなダイレクトメールには、多くの情報を載せることができるという特徴があります。また圧着ハガキは、ポストカードやハガキよりも掲載できる情報量が多く、その上開くときの楽しみもあります。このように、それぞれのダイレクトメールの特徴を知ることで目的に合った情報を相手に知らせることができ、効果的に販売を促進することができます。

効果的なダイレクトメールはどうやって選ぶ?

さまざまな種類のあるダイレクトメールですが、どのようにして選んでいけばいいのでしょう。まず、どのような情報をどのような顧客に送りたいのかでダイレクトメールのタイプを選んでいきましょう。セールの内容や商品の詳細など多くの情報を知らせたいときには、チラシなど多くの情報量を掲載できるタイプを選ぶといいでしょう。逆に、セールの日程や割引券など、情報量は少なくともすぐに目に入れてほしい場合は、ハガキやポストカードを選ぶといいでしょう。また、目的やダイレクトメールを送るターゲットによって送る方法が変わるため、それに合わせて種類も変えていきます。転居の可能性がある場合やセキュリティーの高いマンションに送る場合は到達率の高い郵送を、発送業務を追跡したいときやコスト抑えたい、休日にも送付したいというときにはメール便をなど目的によって選んでいくといいでしょう。