効果的なダイレクトメールの書き方やデザイン

ダイレクトメールとは、ハガキや封筒を利用して商品の広告を手紙という形で家庭に届けるものです。ダイレクトメールの効果は商品の宣伝や広告を見てもらい、購入意欲を持たせることです。まず、消費者に開封してもらうことが最重要です。また、ダイレクトメールにはハガキやポストカード、粘着部分を開く圧着ハガキなどの手軽に取り入れやすいものや、レター、OPP封筒と言われる複数のチラシやサンプルなどを入れられるものなどの種類があります。活用法として、サンキューダイレクトメールという方法があります。一度利用してもらった人に次回の特典などをつけることで、二回目の購入率の向上が期待できます。特典に期限を設けるなどすると、より利用率はあがるのではないでしょうか。また利用者の商品履歴などからニーズに合わせて広告内容を変えることも開封率を上げることが出来ます。

ダイレクトメールのメリットデメリット

様々な活用法があり工夫が必要なダイレクトメールですが、メリットとデメリットを紹介します。メリットは視覚的に宣伝することができることです。カラーや写真などから商品を注目させ、具体的なイメージを伝えることができます。またカタログやサッシなどを定期的に消費者に送ることができ、サンプルなどを付けたり的を射たアイディア一つで利益にも直結します。デメリットは、ハガキやポストカードなどのハガキタイプは特に、内容を見られる前に破棄されてしまうことです。改善案は住所欄などに工夫をし、中身が見たくなるようなアイディアが必要です。また封筒型の物には郵送料などのコストがかかることです。カタログなど多くなることでより送料がかかります。印刷費発送作業費もばかになりません。アイディアを出す企画、印刷から発送までの準備期間に時間がかかることも念頭に入れておきましょう。

インターネットを活用するイマドキな方法も

インターネットとの連携が現在のダイレクトメールには増えています。活用法として、ハガキタイプのダイレクトメールに顧客のニーズに合わせたサイトのQRコードなどの情報を印刷することです。紙媒体の広告よりもホームページを利用することでより多くの情報や魅力的な宣伝効果のある画像や動画を取り入れることが出来ます。またそのままネット販売をすることで、より気軽に販売することができ利益につながります。このデータを利用してニーズにあった情報を印刷するバリアブル印刷という方法があるなど、データベースの発達がめざましいです。バリアブル印刷を使うと、顧客ひとりひとりに合った可変情報を送ることができるので、高いレスポンスが期待できます。ダイレクトメールを活用するにあたってインターネットは欠かせないものになっています。