安くお得に作れるダイレクトメールの紹介

ダイレクトメールは、誰もが1度は手にしたことがあるのではないでしょうか。個人、あるいは法人宛に、商品案内やカタログ、イベントの案内などのお知らせを送付する宣伝方法です。過去に利用したことのある店舗、または入会しているクレジットカード会社などの顧客データから抽出されて、送付されてきます。郵便やメール便が利用されています。はがき1枚の場合もあれば、封書、大型封筒やパンフレット、さらには雑誌くらいのボリュームになっているものもあります。店舗であれば、再来を期待して、セールなどの情報をダイレクトメールで送付します。こうしてリピーターを増やしていくのです。また、専門学校や大学などは、学校案内を請求した人に対して、イベントの案内を送付し、受験者を増やす目的でダイレクトメールを利用します。

ダイレクトメールには、いろんな使い方がある。

顧客を増やすために便利なですが、ダイレクトメールですが、デメリットもあります。それはコストがかかることです。はがきではなくパンフレットや、冊子の形で送られてくることが多いからです。また、中にはコスメや健康食品などで、お試し品が付いてくる場合もあります。チラシと違って個々に送付されるので、目を通されやすいですし、お試し品が気に入れば、新たな顧客が定着するかもしれません。そのためコストがかかるのは仕方ないのかもしれません。ダイレクトメールにクーポンをつけたり、サービスチケットをつけたりすれば、また足を運んでくれるお客様が増えるかもしれません。そのためには、店側は来店したお客様に、情報をもらうことが大切です。ポイントカードを作ってもらったり、会員登録をしてサービスクーポンを渡すなどの努力が必要です。

ダイレクトメールをお得に、安く作る方法とは。

ダイレクトメールは、先に述べたようにコストがかかります。それはチラシのように見ても見なくても良いものではなく、個人や法人に直接手渡されるものなので、興味や関心を持たせる必要があるからです。インターネットで検索すると、ダイレクトメールを格安で作成、発送してくれる業者がいろいろ見つかります。運送会社を比較したり、発送数を調節したり、またはサイズも考える必要があります。顧客を増やすために、より良いダイレクトメールで、どれだけ関心を持ってもらえるかが重要になります。しかし価格が安ければ良いというものでもありません。発注した部数が全部合っているか、発送日は守られているか、連絡はきちんと取れる状態かなど、ダイレクトメールを扱う会社が信頼できるかどうか、見極めなければなりません。個人情報を扱うのですからその点は非常に重要です。