相手に合わせたダイレクトメールの選び方

自分の手元へ見知らぬ企業からのダイレクトメールが届いたら、あなたはどうしますか?自分宛ての封書なら必ず開封するタイプか、封筒から読み取れるイメージで興味がわかなければ開封しないタイプか…。受け取り側からすれば「単なるダイレクトメール」にすぎないかもしれませんが、送り主にとってはビジネスチャンスを掴むための大事な販促ツールです。開封され、中身が受取先の目に触れるところまで辿り着けるよう想定して、デザイン等作り込む必要があります。手間もアイデアも費用も掛かるダイレクトメールですが、比較的レスポンスが期待できるツールでもあります。開封率が良く、できるだけ多くの集客が望める、受け取る相手にマッチした内容のダイレクトメールを届けるようにするターゲットリサーチが最初に必要となります。

ダイレクトメールはリストと販促計画があればすぐに行動に移せる優れもの

企業にとって特定の相手にコマーシャルができるダイレクトメールは、販売促進や情報提供に役立つツールです。特に郵便や宅配で届けることができるダイレクトメールは、EメールやSNSのダイレクトメッセージより、はるかに高いレスポンスが期待できます。伝えたい情報のターゲット層がどこなのかを予めリストアップしておけば、高い開封率が望めます。プラス、他の郵便物に埋もれてしまわないようなデザインの工夫や手元に届くタイミングも計算できれば、その効果は抜群です。どんな情報をいつのタイミングで誰宛に届けるかを見極めて発送すれば、高い営業効果を発揮してくれます。合わせてその情報をどのようなタイプのダイレクトメールを使用して届けるかも重要なポイントのひとつになってきます。ダイレクトメールは侮れないツールです。

多彩なアイデアと組み合わせて相乗効果が狙えるダイレクトメール

以前利用していたサプリメントの通信販売や旅行会社などのダイレクトメールが、ふと届いた記憶はありませんか?それが体調に変化が表れたと感じ始めたタイミングや、旅をしてみたい季節が近づいてきたタイミングではありませんか?キャンペーンや期間限定といった文字が目に入ると、もう一度試してみようと購買意欲が湧いてくることがダイレクトメールの効果で、企業が望んでいる所です。ダイレクトメールは新規顧客の獲得もそうですが、冬眠状態の顧客の再購買意欲や、離れていきそうな顧客を固定化するためにも非常に役立ちます。じっくりと引き寄せるために情報量を多く届けることができる封書タイプや、手短にインパクトある文字で一気に引き付けるハガキタイプや、そのダイレクトメールのスタイルも様々ですが、多様なアイデアと組み合わせることで、どんな企業の販促にも柔軟に対応できるのがダイレクトメールの魅力です。