種類別のダイレクトメールのメリットとデメリット

ダイレクトメールは、お店や企業などを利用した際に提供した個人情報をもとに郵送や運送会社のダイレクトメール送付、インターネットを通じたメールで発信される広告のことを言い、チラシや広告が主な内容になっています。郵送や運送会社からの場合は、物よっては冊子などの大物もあります。インターネットの普及とともに書面でのダイレクトメールは減少の傾向にありますが、手元に届く確かな情報の伝達手段として書面や冊子を維持しているところもかなり多いようです。通信販売でのカタログ雑誌はその一つと言えます。通販に限らず、定期的に送られてくるダイレクトメールを新たな情報収取の楽しみの一つとしても捉えられていることもあります。またそれが集客力にもつながっています。過去に取引があるため、普通の広告と違って信頼性も高い傾向にあるということも特徴です。

ダイレクトメールは賢い宣伝方法

ダイレクトメールを送る一番の目的は、リピート率を上げることです。そのため集客を効率よく上げる有効手段として活用されています。単なる広告だけでは新聞の折り込みチラシと変わらないので、顧客にメリットのある情報を添加した内容になったものが多いようです。例えば、新商品の宣伝にサンプルをおまけに付けたり、誕生日や購入金額に応じた無料券や割引券、会員限定特別セールの招待券の配布などがあります。これらは、顧客情報や購入履歴をもとに、顧客個人の嗜好や購入予算をある程度把握できます。そのため、直接対面しなくても興味を持ったり、購入のきっかけを作る、営業としての大きな要素といっても良いほどでしょう。顧客側も個人的な販売方法として対面による気遣いも必要ないので満足度が高い傾向にあるのが特徴です。

手間はかかるけれど、営業効果の高いダイレクトメール

小売店の他、通販業界やイベントを開催する業界はダイレクトメールを利用することが有効的だと言われています。そのため企業側は、最初にダイレクトメールを送るための名前や住所、メールアドレスなどを先に集める必要があります。手段としては、購入ごとに特典がたまるポイントカードやメンバーズカードの発行やアンケートの記入などがあります。ダイレクトメールの送付頻度は利用者の購入度合いによってグループ分けされて調整していることが多いと言われています。これらのことは企業側のコストや手間、時間を要する作業となりますが、一度にたくさんの情報を送ることができ、顧客の反応の程度が早く把握しやすいことがメリットでもあるので、売上げを上げることにつながりやすくなります。効果的なダイレクトメールは活用することをおすすめします。